■当院インプラント紹介

HPに写真を条件付きで記載ができる限定解除になりました。

1日20名 1ヵ月200名以上がインプラントの方です。

当院一番長いお付き合いの患者さんは練馬区から来院されます。

院長が歯科大学5年生(病院実習)から引き継いでいる方です。

1990年秋からの長いお付き合いです。

院長が勤務医時代も勤務先に通院して頂けました。

勤務先にはご主人が治療で来られました。

ご夫婦ともインプラント治療は院長が行っております。

ご夫婦でメンテのみですが今も通院して頂いております。

____________________________________________________________________________________

術前術後写真ガイドライン→「省令(案)について

   ↑ 全て人工の被せ物 CAD CAM冠です   

歯科専門雑誌「補綴臨床」論文発表済み。 2005年当院症例。

上下の犬歯、小臼歯が離れている、1歯対1歯咬合ではありません。

綺麗に犬歯ガイドします。動画をお見せ出来なくて残念です

咬み合わせは、犬歯(糸切り歯)が重要です。

犬歯が機能しない咬み合わせは顎関節に負荷が掛かります。

更に”老化による顎骨の変化”を考える咬み合わせが必須です。

しかし被せれば安心はありません。

インプラントは虫歯になりませんが天然歯は虫歯になります。

唾液の循環も悪くなりますので定期健診は欠かせません。

写真の方は、60代女性、年2回必ず健診に来院します。

臼歯部インプラント治療は14年経過しております。

      

↓術前写真:14年前初診時写真          ↓術後写真  

 

歯肉の発赤があり平面も曲がっています↑   ↑ 歯肉の発赤も無くなりました。

セラミック冠で治療されています。       CADCAM冠で治療しました。

当院の治療は、かみ合わせ (犬歯ガイド、1歯対2歯咬合)

歯茎に問題は無く、唇で歯茎を隠す写真はありません。

当院は、上下顎の歯茎まで写している写真を見せる事が出来ます。

院長の所属する勉強会のグループは、

1年に1回必ず、全顎治療の症例発表が義務です。

最後に必ず動画で咬み合わせを発表するルールが有り

犬歯ガイドは基本中の基本で当たり前です。

小臼歯、大臼歯が先に当たり、犬歯に隙間が出来るなど

犬歯ガイドをしていないと師匠から叱責があります。

一般の歯科医だと怖気付くほど厳しい勉強会です。

師匠は歯科講演会で咬み合わせを動画で行う有名な巨匠です。

(ザ・クインテッセンス 37/9 2018年9月号 155ページ参照)

_____________________________

インプラント ”何年もつ?” は

かみ合わせ治療で決まります。

________________________________________

症例は歯科専門雑誌、海外インプラント学会で講演した証拠があります。

7本のインプラントが入っています。CAD CAM冠です。

当院衛生士です。先天性永久歯7本欠損でした。2004年当院症例。

火曜日、水曜日に勤務しております。15年経過

不安なことがありましたらご質問ください。

犬歯は治療していませんので犬歯ガイドします。

メディアのインプラント治療は*年で駄目になる?どこ吹く風?です。

 

15年前初診時写真↑       ↑術後写真

 

 

症例は歯科専門講演会で発表した証拠があります。

術前

この治療はマウスピースを就寝時に使います。

使うことで顎関節の回転を利用し

反対咬合を正常咬合に治す治療を行っています。

術後

綺麗に犬歯ガイドします。動画をお見せ出来なくて残念です

上下写真は同じ人です。2005年当院症例。

糸切り歯で、同一人物ということが分かります。

50代女性、臼歯部にインプラント治療を行っています。

14年経過しておりますが受け口の後戻りはありません。

セラミック冠で仕上げてあります。年2回必ず健診に来院します。
金属を使いますのでCADCAM冠より少し暗さがあります。

メディアのインプラント治療は*年で駄目になる?どこ吹く風?です。

_____________________________

症例は歯科専門講演会で発表した証拠があります。
術前
2004年 発表当時 同業者に別人と言われた症例です。
そのような時代でした。しかし、別人ではありません。
インプラント及び骨再生療法で復活させました。
50代女性 15年経過症例 年2回必ず健診に来院します。
犬歯は唇側転位でしたが犬歯ガイドします。
メディアのインプラント治療は*年で駄目になる?どこ吹く風?です。
術後
 。
   2004年で、このクオリティー
セラミック冠で仕上げてあります。
金属を使いますので少し暗さがあります。
2004年当時では最先端でした(現在は使用しておりません)

________________________________________________

1日20名 1ヵ月200名以上がインプラントの方です。

★インプラント手術回数 施設履歴(1999〜2019年)★

(予約表より1999年から手術回数集計、埋入本数は未確認)

,。touinn

 インプラント総手術回数: 3300回

サイナスリフト総手術回数: 458回  

 

2019年 1/8〜 2/6 手術回数: 24

        2/18手術予約数: 14

(予約表より1999年から手術回数集計、埋入本数は未確認)

 *2次手術は手術回数から除外しています。

 *骨造成手術(GBR)は常に行いますので数えていません。

,

1年に1症例でも経験1年?経験年数は当てになりません

例)1年1症例で50年 ⇒ 50回手術 ⇒ 50年の経験?

インプラント治療経験は、年数ではなく 手術回数 です

手術は動画(ハイビジョン)を撮影しております。

医科の手術では動画は常識です。

動画は隠すことが出来ません。

術後容体が変化した場合、医師の責任か、患者の責任か、

動画は白黒をハッキリさせることが出来ます。

当院では、術直後お見せします。1時間で25GBのハイビジョン

骨の中にキッチリ埋入されていることを確認して頂きます。

________________________________________________

.

◉インプラント治療費(自由診療)

総費用 (フィクスチャー、アバットメント、人工歯)

26万円(税別)を選ばれる方が多数です。

    (税込み 1歯:30万円以下で選ばれています)

当院費用は全て込み20〜35万円(税別)です。

明確な費用の治療計画書をお渡しいたします。

_______________________________________________________

 

”木を見て森を見ず” 
._________________________

現在でも、完璧な歯科治療は存在しません。

個人差があり、必ず欠点が存在します。
欠点を理解し、歯科治療を受けてください。
歯を削る、予後不良の歯を残す治療は時代遅れです。
.
歯を削ったことでできたエナメル質のマイクロクラックによって、
象牙質に及び虫歯に罹患し、神経に痛みを感じたり、歯が割れる、
歯が折れたりするリスクも高まります。
最近言われ始めた「歯から全身疾患に罹患」
特に「心筋梗塞、脳梗塞」の原因とされている
細菌に汚染された、歯を残す事は勧めません。
ご家族の事を考えて、治療を選択してください

  治療を選ぶのは ”患者さん自身” です。

_____________________

 

インプラント治療の成功は定期検診です。

下記データーはこちらへ

世界でもワーストクラスに歯医者に通う習慣がない日本人

(北久米どい歯科)

 

歯を失わないよう予防する習慣を付ける事は簡単です。

入れ歯治療を保険治療から外す事です。

日本以外の他国は入れ歯治療が高額治療です。

高額な治療費を払いたくないので予防の習慣が付きます。

入れ歯治療を自由診療にすることで浮いた医療費を

小児癌などに回すべきです。歯は歯磨きで防御出来ます。

歯磨きを疎かにする不摂生で無くなります。故に自己責任。

入れ歯の医療費を、罪もない子供の小児癌などの

          医療費に回し使う方を推奨します。

小児癌の病棟を見たら分かります。病棟を見てください。

入れ歯治療を保険治療から外すことで、入れ歯治療には

高額な治療費が掛かる事を周知させる必要を感じます。

日本も他国を見習うべきで歯科医療発展途上国になっています。

 

痛みがあるときだけの人と定期健診の習慣を持っている人で

残存歯に大きな差が。(さかの歯科 )