■当院インプラント紹介

今年6月、症例写真などは医療広告法改正で掲載不可となります。     患者さんの知りたい情報は国が規制してしまいました。

  、

☆意を決してインプラント治療を決断、

.
    歯が無い部分にインプラント
,
  入れようと歯科医院へ行くと思います。
,

 当院、1日 20名 1カ月 200名以上が、

.

       インプラントの患者さんです。

 

,

 ☆詳しくは下記に掲載☆
。,
,
↓損をしないよう最後までお読みください↓
______________________

 

”木を見て森を見ず” 
._________________________

下記を解決すれば
ネガティブな部分が無くなります。
_______________
 インプラント治療を行えば
  全てが解決する訳ではありません。
神経の無い歯は、耐久性がありません。

神経の無い歯は「歯の寿命」「もち」「耐久性」

        に関しては期待を裏切ります。

インプラントは、耐久性の無い天然歯までフォロー出来ません。

逆に耐久性の無い天然歯をフォローする事でインプラントに負荷が掛かり、インプラントが駄目になります。  

耐久性の順序は? インプラントは虫歯にはなりません。

神経のある歯 >インプラント >削った神経のある歯 >神経の無い歯

、、

神経有る無し関わらず、歯に銀歯やセラミック冠を被せても耐久性は上がりません。

被せる事で唾液の循環が悪くなり、歯の隙間にプラークが溜まり易く二次カリエスなどで耐久性は落ちます。

特にブリッジは唾液の循環が悪くなることで、歯と人工歯の間にプラークが溜まり二次カリエスが多発します。

天然歯は唾液の循環も重要です。

経験が浅ければ分からない事も、開業23年の経験
インプラント手術回数 3000回以上の経験から

残っている歯の長期予後は?どうなるか?が分かっています。

院長の説明通りに、残せない歯を残した事で腫れが出たり

歯根が破折したりする長期予後が当たることで

患者さんから信頼して頂いております。

故に

 故に、当院 1日 20名 1カ月 200名以上が、

         インプラントの患者さんです。

,,

,.

インプラントの耐久性、デメリットは

       当HPの歯科情報をご覧ください。

____________________________
.

◉インプラント治療費

メーカー問わず10年保証です。

 

スタンダードプラン(京セラ社:ファインシア)

                             (Zimmer Biomet社:SwissPlus)

 

フィクスチャー(2ピースタイプ:10年保証

+アバットメント(純正品:10年保証)

+人工歯(e.max:10年保証)

,

1歯すべて込み:26万円(税別)

   メーカー問わず10年保証です。

 

___________________________________________
.

高品質インプラント使用プラン(ストローマン社:ITI)

. (Zimmer Biomet社:Trabecular Metal™ Dental Implant)

フィクスチャー2ピースタイプ10年保証

+アバットメント(純正品:10年保証)

+人工歯e.max:10年保証)

.

1歯すべて込み:33万円(税別)

    メーカー問わず10年保証です。

 

      

※ストローマン社:ITI、Zimmer Biomet社:SwissPlusは

ネジ山が大きく噛む力が強い方に適応しています。

 

アバットメントはメーカー純正品を必ず使用。

アバットメントは最重要品です。↑京セラ製インプラント

技工所で製作するアバットメント(費用が純正品より安い)は、ミクロの単位で誤差があります。

歯周病菌はミクロの大きさです。 

.

人工歯は、基本 ”e.max”を使用します。 (メーカーHPより)

 

”e.max” 材質はニケイ酸リチウムガラスセラミックスです。

表も、裏も白色です。メタルの銀色はありません。

10年保証の為の、保証金の支払いはありません。

定期健診に通院している方は10年間保証いたします。

1995年の開業時から行っています。

保証はTOPページをご覧ください。

____________________________________________________________________________

.

★御相談は無料です★

● 健康な歯を削りたくない人には最適の治療法です。

● インプラント治療に向いているかを診断します。

● デメリットを伝えます(デメリット以外はメリットです)

☆インプラントの”もち”について

当院ホームページの歯科情報をご覧ください。

__________________________________________

,

*当院では、上部構造ハイブリット冠、メタルボンドセラミック冠、FCKの使用を(金属を使わない方向に方針変更)2015年で終了しました。

2016年より金属を使わない軽くて丈夫な構造を持つ、e.max冠、ジルコニア、CADCAM冠(コンピューターで作る)を使用しております。

________________________________________________.

.

☆院長活動履歴、海外講演など

,

院長の行った学会、講演会、論文、歯科専門雑誌を

ご覧になると皆さん納得し治療を受けます。

,

2006年 国際インプラント学会 講演の証明↓

初のインプラント学会講演が世界大会でした。英語です。

この11年間ほぼ毎年、

       講演会などで発表しています。

100〜300人の歯科医師の前です。

なんだ?この症例?発表は出来ません。

2017年も インプラント学会で講演しました。

 

院長の学会発表を見ていた

   歯科医から紹介

      患者さんが増えています。

_____________________

.

☆海外研修予定

院長参加のため休診とさせていただきます。

 

2/28(水):18:00まで(応急処置、渡米)

3/1(木):終日休診 

3/2(金):終日休診

3/3(土) : 通常休診日 

3/4(日):通常休診日

3/5(月):電話対応のみ(院長帰国予定)

今回で渡米30回目です。

     最新の技術をご提供いたします。

最新だけでは無く、以前はOKだった治療が、NGの治療に変化した事を渡米で知る事が出来ます。

日本には情報が遅れて入ってきますので、最新情報を得る為、毎年渡米しております。

毎年更新することが最新です。

その渡米で学んだ技術を実践し、

   日本の学会、講演会で発表しています。

.、

________________________________________________________

★インプラント手術回数

 施設履歴(1999〜2018年)★

インプラント総手術回数: 3136回

サイナスリフト総手術回数: 427回  

2018年 1/5〜2/14手術手術回数: 21回

.

      2/15〜手術予約数: 7回

(予約表より1999年から手術回数集計、埋入本数は未確認)

 手術は 動画(ハイビジョン)を撮影しております。

.

医科では手術の動画撮影は常識です。

2004年から動画撮影です。

.

 当院、1日 20名 1カ月 200名以上が、

       インプラントの患者さんです。

______________________________________________

,

インプラント治療の成功は?
。   
咬み合わせ と 定期健診です。
、、
全てがインプラント、インプラントと神経のある歯が共存している方はあまり問題が起こりません。
神経が無い歯が多い方、片側に歯が無い状態で歯がある方を長期間酷使し過ごした方は問題が起こります。
咬み合わせをビデオカメラで撮影、動画で診断します。
通常カメラの静止画像の写真、視診では全く分かりません。
ゴシックアーチと言う診断法は、海外では2004年の咬合のコンセンサスから外された治療で意味がありません。(咬んで無い状態で診断ですから意味がありません)
定期健診は不具合を発見出来ます。
インプラントのケアが悪ければ駄目になります。
1度、天然歯を失っていることを忘れないでください
_________________________________________
.。
神経の無い歯は、後から費用?

神経の無い歯が多い方は要注意です。

,

神経の無い歯の診断が一番困難です。

抜かずにどの位もつ?が重要です。

神経の無い歯は「歯の寿命」「もち」

        に関しては期待を裏切ります。

50代より前に神経を取られた方は要注意です。

20~40歳代で神経を取る→80歳代までもつ?

(歯に栄養が無い状態です。この年月は厳しいです

詳しくは根管治療に掲載

.

__________________________________________

,.

◇受け口(反対咬合)の方は要注意です。

(当院ではテンプレート治療で治癒があります)

受け口(反対咬合)の方は神経の有無に関わらず

上顎の歯を失う確率が高い事は確かです。

下顎が大きく上顎が小さい事で反対咬合になります。

咬み合わせが骨格に適応していない事が原因です。

成長発育の段階(小学校の健診)で分かるはずです。

健診の紙に必ず書いてあります。

矯正治療にお金が掛かるので放置が多いのも原因。

欧米では考えられませんが親の責任です。

上の歯全てを失った方が多く見られます。

60代,70で受け口の方?記憶に無い位いません。

60代になる前に上顎の歯、全てを失っています。

根拠となるデーターも出ています。

下顎は大体残ります。

★ブリッジの長期間の使用、

歯が無い部分が長期に渡る方も注意が必要です。

歯が無い期間が長く、歯が無い部分を補い酷使した歯が悲鳴を上げている場合があります。

歯が無い期間が長ければ、酷使した歯が使えず、歯が無い部分のみではインプラント治療を出来ない可能性があります。

酷使した歯を診断せず、歯が無い部分のみインプラント治療を行うと、今度はインプラント部に負担が掛かり酷使した歯を支えることが出来ず、数年後インプラント治療が無駄になる可能性があります。

結果、歯が無い部分だけでなく酷使した方もインプラント治療の必要があります。下記が "evidence" ↓です。

__________________________________________________________________________________________

,

治療で歯を失い続けてきた日本人

6/2(金) 12:12配信  YAHOOニュースから抜粋

 

虫歯治療後の詰め物、かぶせ物の寿命(岡山大学・森田学教授)

治療した詰め物、かぶせ物の寿命を調べた岡山大学の森田学教授(予防歯科学)の研究 "evidence" がある。

平均すると、イラストのように10年もたない。詰めた物が外れる、かぶせたクラウンの下が虫歯になる、根の下に病変ができるといったトラブルが発生するからだ。6/2(金) 12:12配信  YAHOOニュースから抜粋

(yahoo newsより一般の人にも 研究が知られるようになりました)

____________________________________________

..

インプラント治療を受けるなら

.

OJ-Osseointegration-studyclub of Japan

「正会員」の歯科医院でインプラント治療を受けてください。

著名な歯科医が集結しています、異論反論は皆無です。

    OJ正会員 歯科医師名簿 

治療費で決める時代は終わりました。

治療のレベルで選ぶ時代です。

,

歯科医の前で厳しい審査を合格した歯科医です。

良い治療をして歯科医に認められた本当の歯科医です。

インプラント治療 ”オタク” の集まりです。

一般会員(正会員では無い)審査を受けていない歯科医です。

毎年2月、日本の全ての歯科医に発表、審査の機会はあります。

発表はハイレベルですが ”良い治療”をして発表すれば合格します。

,所属していれば専門医になれる甘い資格ではありません。

次回発表を意気込んで・・・発表を見ると・・・

大体の歯科医は発表を見て尻込み、発表を躊躇します。

発表を見て躊躇し、会員にならない歯科医も多数おります。

名簿で千葉県は、2002年から未だに正会員は2名です。

_____________________________

 

インプラント治療経験:言葉の解釈

勤務医時代の経験は、開業によって患者さんの長期経過を
継続して(10年以上経過)診ていないので経験に入りません。
”インプラントに携わって”と言う言葉を使うと
当院院長は、歯科大学5年生臨床実習から28年あります。
アシスタントでも携わっている事には変わりありません。
携わると言う言葉は、臨床ではいい加減な経験になります。
歯科医の場合、勤務医は5〜6年で開業します。
勤務医が長ければ開業からの経験が浅くなります。

 

___________________________

保証はTOPページをご覧ください。

定期健診に通院で10年保証です。(健診に通うだけで簡単です)

全国ほぼ全ての歯科医院で定期健診通院が保証対象です。