■当院インプラント紹介

医療法ガイドライン改定にてHPに写真が一旦は禁止となりましたが、条件付きで記載ができる(限定解除)ということになりました。

 

 当院、1日 20名 1カ月 200名以上が、

.

インプラント治療の患者さんです。yo

_______________________________

インプラント費用、価格重視の方へ

被せ物 (e.max冠)含む

,

1歯 総治療費:20万円(税別)


使用するインプラントは、当院施設履歴で20年経過(当院20年前にインプラント治療開始) 23名15年以上経過患者数は300名を超える信頼の出来るインプラントです。23名を少ないと思われるかもしれませんが20年の歳月、人の寿命を迎えた方(数に入れていません)もおり一生涯持った方が多数おります。20年間を検証し、患者さんに還元を考え復活させました。(2005年まで使用)メディア等で配信されている *年で駄目になる?どこ吹く風です

スタンダードプラン  (京セラ社:POI)

フィクスチャー(2ピースタイプ:10年保証

+アバットメント(純正品:10年保証)

+人工歯(e.max:5年保証

1歯 総治療費:20万円(税別)下記全て含めた金額

既存の骨が足りない場合は非適応です。

  (歯を抜いてから1年以内も非適応です)  

主に、臼歯部(奥歯)が適応になります。

   前歯にこのタイプは禁忌です。ご了承ください。

_____________________________

.

インプラント治療を行うか?やめるか?

決めるのは”患者さん自身”です。

治療を決めるのは、他人ではありません。

2004年から一般の人にはどれが作った歯か解らない治療を行っています。

術前術後写真ガイドライン→「省令(案)について

当院衛生士です。先天性永久歯7本欠損でした。

7本のインプラントが入っています。2004年症例

火曜日、水曜日に勤務しております。

不安なことがありましたらご質問ください。

術前術後写真ガイドライン→「省令(案)について

CAD CAM冠です。当院症例見本 2006年の症例です。

しかし被せれば安心はありません。

インプラントは虫歯になりませんが天然歯は虫歯になります。

唾液の循環が悪くなりますので定期健診は欠かせません。

写真の方は、60代女性、年2回必ず健診に来院します。

臼歯部インプラント治療は12年経過しております。

術前術後写真ガイドライン→「省令(案)について

前歯2本が、CADCAM冠です。当院症例見本

50代女性 2007年症例、年2回必ず健診に来院します。

11年経過しております。

(京セラ製を使用)

術前術後写真ガイドライン→「省令(案)について

術前

この治療はマウスピースを就寝時に使います。

使うことで顎関節の回転を利用し

反対咬合を正常咬合に治す治療を行っています。

術後

上下写真は同じ人です。2005年の症例です。

糸切り歯で、同一人物ということが分かります。

50代女性、臼歯部にインプラント治療を行っています。

13年経過しておりますが受け口の後戻りはありません。

セラミック冠で仕上げてあります。年2回必ず健診に来院します。
金属を使いますのでCADCAM冠より少し暗さがあります。

_____________________________

.、

◉インプラント治療費

を作らない症例
 

スタンダードプラン (京セラ社:POI)

フィクスチャー(2ピースタイプ:10年保証

+アバットメント(純正品:10年保証)

人工歯(e.max:5年保証、CADCAM冠:10年保証

.上記全て込み治療費

e.max冠仕様:20万円(税別)

CADCAM冠仕様:22万円(税別)

既存の骨が足りない場合は非適応です。

     
 クリックすると料金表ページにジャンプします

 

.被せ物は、基本 ”e.max”を使用します。

”e.max” 材質はニケイ酸リチウムガラスセラミックスです。

表も、裏も白色です。メタルの銀色はありません。

色が単色で隣在歯に合わせるのが難しいです。

隣在歯に色を合わせる方はCADCAM仕様を勧めます。

 

術前術後写真ガイドライン→「省令(案)について

術前
70代男性
骨の老化を考え連結冠はありません。
臼歯部にインプラント治療
全て”e.max”冠で仕上げてあります。
上下写真は同じ人です。当院症例見本 2017年の症例です。
身内の結婚式まで上記写真から9か月で仕上げた症例です。
綺麗に犬歯ガイドします。動画をお見せ出来なくて残念です
術後
CADCAM冠との違いは透明感です。
透明感を求める方はCADCAM冠を勧めます。
___________________
別の歯科医院2件に画像を盗用されましたので抗議しました。
治療出来ない歯科医が画像を盗用するので規制が入りました。
真面目に治療を行っている歯科医院には迷惑な話です。
術前
2004年 発表当時 同業者に別人と言われた症例です。
そのような時代でした。しかし、別人ではありません。
インプラント及び骨再生療法で復活させました。
50代女性 14年経過症例 年2回必ず健診に来院します。
術後
 。
   2004年で、このクオリティー
セラミック冠で仕上げてあります。
金属を使いますので少し暗さがあります。
2004年当時では最先端でした(現在は使用しておりません)
___________________

歯科医院を選ぶのは ”患者さん自身” です。
日本の歯科医は老化による顎骨の変化を勉強していません。(データーが無く、教える歯科医が日本にいない)
欧米では老化による顎骨の変化に対する診断法を教えます。
男女で変化する骨の位置、スピードが異なります。
2018年10月開催された全米歯周病学会でも、メイン会場で老化による顎骨の変化の発表がありました。
実際に発表されたメイン会場(3000人収容)証拠写真です。
座長の写真です。会場の大きさが分かります。この後満席になります。
2012年から4回メイン会場で発表を見たことがあります。
少なくとも2012年以前に発表されている”老化による顎骨の変化”を勉強していない日本の歯科医と、欧米で学んだ当院の考え方が違いますのでセカンドオピニオンにはなりません。2002年から39回海外研修を受講しています。この診断法を批判する歯科医は、勉強していないので知識が無く判らないので苦し紛れに批判します(知識の無い歯科医に批判する権利はありません)
特に、インプラント治療には骨の変化が重要です。
よく考えて歯科医院を選び受診してください。
________________________

★インプラント手術回数 施設履歴(1999〜2018年)★

。touinn

インプラント総手術回数: 3268回

サイナスリフト総手術回数: 453回  

2018年 1/5〜12/1までの手術回数: 164

12/3〜手術予約数: 12

(予約表より1999年から手術回数集計、埋入本数は未確認)

手術は動画(ハイビジョン)を撮影しております。

医科の手術では動画は常識です。

動画は隠すことが出来ません。

術後容体が変化した場合、医師の責任か、患者の責任か、

動画は白黒をハッキリさせることが出来ます。

当院では、術直後お見せします。1時間で25GBのハイビジョン

骨の中にキッチリ埋入されていることを確認して頂きます。

________________________________________________

 

”木を見て森を見ず” 
._________________________

現在でも、完璧な歯科治療は存在しません。

個人差があり、必ず欠点が存在します。
欠点を理解し、歯科治療を受けてください。
歯を削る、予後不良の歯を残す治療は時代遅れです。

 

______________________________________________

☆下記内容はクリックしてください
.。
★インプラント治療の成功は?
。   
神経の無い歯の診断咬み合わせ と 定期健診です。