■当院インプラント紹介

スマートフォンの方は☆ここをクリック☆歯周病について

 

休診日、診療時間のお知らせ

 

 

2020年3月18〜23日まで全米インプラント学会(シアトル)

出席の為、休診とさせていただきます。

2020 Academy of Osseointegration Annual Meeting in Seattle, WA

2020年10/31〜11/4までまで全米歯周病学会 (ホノルル)

2020 American Academy of Periodontology Annual Meeting

出席の為、休診とさせていただきます。

 

アメリカの医療技術検証は理に適っています。

以前は良いとされていた医療技術は、やらない方が良いと言う検証データーをアメリカの学会で知ることが出来ます。それらを知らないと駄目な技術をいつまでも続けていることになります。例えば日本のインプラント学会では技術公開されていない「12度曲がっているインプラント」「歯茎が盛り上がる歯科材料」と言われても日本の学会所属では知ることが出来ません。アメリカのインプラント学会に所属し技術を学ぶ理由です。

院長は全米インプラント学会、全米歯周病学会所属です。

2004年からマイクロスコープ(顕微鏡)治療歴があります。

歯科治療全てにマイクロスコープを使います。

 

☆歯周病は薬で治る?
歯周病は、抗生物質を使えば進行を阻止出来ます。
飲む、塗るやマウスピースに入れて使抗生物質?
抗生物質を使い続ける事はどうでしょうか?
耐性菌の問題で体には良くありません。
よく考えて、抗生物質を使用してください。

___________________________

当院 歯科衛生士 7名おります。

常勤6名、非常勤1名の 7名体制です。

歯科医は院長1名、歯科衛生士7名です。

診療用の椅子:5台の内 3台が定期健診用です。

受付も国家資格のある歯科衛生士です。

無資格者はいませんので専門的な質問も可能です。

 

痛みがあるときだけの人と定期健診の習慣を持っている人で残存歯に大きな差が。

 

 

ている ている は違います。

.

掃除をしてもゴミが残っていれば、
                   掃除をしていないのと同じです。

___________________________________

 

★重度歯周病症例(インプラント併用)

歯を再度失う再発防止

を兼ねて年2回必ず健診に来院します。

院長治療(ネット見本ではありません)30代女性です。

術前

術後

2004年症例発表時には同業者に別人と言われました。

上記写真を2件の他歯科医院HPに無断で使われました。

歯肉移植、再生療法、インプラント、骨造成等を

行っています。

重度歯周病を伴う治療は半年以上掛かります。

歯周病菌で歯根露出「骨、歯茎」が溶けていますので

歯を抜いて歯茎を口蓋から(上あごの歯茎)同時移植。

その後、骨造成(人工骨使用)最低3か月以上は待ちます。

この治療のリスクとして移植を行いますので腫脹が3日位あります。

違和感は10日前後取れるまでかかります。

無痛とはいきませんが痛みを抑えることは可能です。

そして、インプラントを埋入4か月後に終了です。

患者さんの2004年治療終了から15年の経過時点では

失活歯 (神経の無い歯)の1歯をセメント質剝離で失いました。

失活歯の部位はインプラント治療で復活しました。

この方に限らず失活歯(神経の無い歯)の多い方は

リスクとして 天然歯が「セメント質剝離、歯根破折」 を起こし、

歯を失う可能性があります。失った部位にはインプラント治療が

必要になる場合があります。

治療費概要(実際に1歯に掛かる費用です)

前歯:被せも物治療費は1歯 7万〜10万円+税(自由診療)

前歯:インプラント治療費は総額28万〜30万+税(自由診療)

奥歯:インプラント治療費は総額26万〜28万円+税(自由診療)

左下臼歯部:骨造成+歯肉移植 10万〜15万円+税(自由診療)

症例の方は金属を使うメタルボンド冠を2004年当時は使用。

メタルボンド冠は金属を使うので色彩が暗く、リスクとして

金属の重量が歯にダメージを与えることが論文発表されています。

現在は、金属を使うメタルボンド冠から金属を使わない

軽いe-max冠に変更、同じ費用でご提供しております。

 

e-max(ニケイ酸リチウムガラスセラミックス):

技工見本です。単色がリスクであり欠点です。

______________________

 

★歯周病は咬み合わせでも起こります。

HPでは誤解を招きますので詳しくは来院時にご説明します。

______________________
歯周再生療法には限界があります。
次のページで説明いたします。

 

歯周再生療法のリスク

2012年 治療前

歯周再生療法を用いて治療開始

 

2016年 4年経過 写真の左下はインプラント。右下は再生療法で歯を保存。

奥歯:インプラント治療費は総額:26万〜28万円+税(自由診療)

奥歯:歯周病再生療法治療費は1歯:3万円+税(自由診療)(歯の本数分必要です)

 

2019年 歯周病再発(3年間未来院)

写真右下の後ろから3番目の歯が一度は骨が再生しましたが

残念ながら歯周病が再発しました。

再発のリスクは有りますので健診に通院お願いします。

歯周病は免疫疾患で完治は無いことが証明出来ます。

一度歯周病治療したから安心はありません。

*この方のインプラントは全く問題ありません。

 

 


| main | スマートフォンの方は☆ここをクリック☆インプラント >>